ピアノなんかコワくない!!初級者・独学者のための1日5分でピアノ習慣♪

豊春春日部のピアノ教室~なかなかピアノが上達しない原因とは?動画でちょっとしたコツと実際の演奏をお贈りいたします♪

20 ピアノ部屋の空調管理~響板が割れたら…



PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ デッカ、ドイツ・グラモフォンをはじめとするクラシックの名門レーベルにより制作されたCD200枚セットです。 豪華カラー解説書2冊のほかにも付録が満載。素晴らしいモーツァルトの世界をお楽しみください。 ※この商品は海外からの輸入盤です モーツァルト新大全集(CD200枚)
世界的なクラシックの名門レーベルである、デッカ、フィリップス、ドイツ・グラモフォンの誇るピアノ録音を多数収録した、クラシックピアノの決定版CD75枚組。 ポリーニ、シフ、グルダといった超一流のピアニストたちによる歴史的名演から、コアファン必聴の録音まで、見逃せないラインナップでご用意しました。 ※別冊解説書、木製キャビネット付き ピアノ名曲大全集(CD75枚組)
PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前:春日部のピアノ教室・あんぷらぐどオーナー・前田です。

大:あんぷらぐどピアノ講師&千葉市中央区で自宅ピアノ教室・

  RICERCAピアノ教室を開校している大塚です。

 

では今日も!

せ~~の!

こどもたち:「大塚先生に聞いてみよぉ~~!」

 

大:「は~~~い♪」

 

20 ピアノ部屋の空調管理

 

日本は四季があり、バラエティ豊かな季節を感じられ、
春はサクランボ 夏はスイカ 秋は巨峰 冬はみかんと
食いしん坊の私には、天国のようですが、
ピアノ視点では少し事情が変わってくるようです。

 

何しろ、温度差は冬はマイナスから、
夏は40度近くまでと幅広いのも、然る事ながら
湿度にいたっては、冬の数%から、梅雨の100%と、
とんでもない差を一年単位で、サイクルしているのですから、
かなり過酷な状況なのは想像できると思います。

 

温度差で弦は金属ですからわずかに伸び縮み、
湿度差では響版の伸縮が起きています。

 

調律師さんいわく、温度よりも湿度のほうが厄介との事。


日本でのベストな環境は、ズバリ
湿度55% だそうです。

 

とくに冬の過乾燥により、ピンが閉めにくくなったり、
最悪響板が割れたら、アウトだそうです。

 

また夏場は温度差も、部屋に入る前は、40度近く、
弾くときはエアコンで25度となると、もはや一年のサイクルどころか、
毎日温度差を食らっていることに、、、

 

エアコンを入れるシーズンは、ピアノの蓋を全閉にするだけでも
随分狂いが少ないようです。

あと冬場の過乾燥対策には、金魚蜂や観葉植物などでもかなり
軽減できるようです

 

ちなみに当教室では、除湿機で60~55%でのオート運転
と加湿器上限50%でオート停止設定で、どちらも24時間運転して
温度計と湿度計とにらめっこしてますが、
なんとか落ち着いています。

夏場は気を抜くと、半日で除湿機のタンクいっぱいで、
停止したままで、あっという間に、湿度70とかになってて
よくびっくりしてます。

 

最近ですとタンク捨てなしの、連続排水なんて除湿機も
出てるみたいです。うらやましい、、、

 

自分の楽器とは、これから一生の付き合いを、
する訳ですから、一度ピアノ部屋が、どうなっているか、
調律師さんと相談してみると、良いと思います。

 


【無料体験のお申し込みはこちらから】

 

◆大塚先生の自宅

http://www.geocities.jp/piano_ricerca/

千葉市中央区のピアノ教室 RICERCAピアノ教室

現在、水曜日開講しております

 

 

◆春日部教室:学び屋あんぷらぐど 048-755-2363

毎週金曜日14時~ 

最終受付21時まで。

学び屋あんぷらぐど★レッスンはこちら♪
・こどもぴあの⇒ http://www.salonde-unplugged.jp/kids-piano.html
・大人のピアノ⇒ http://www.salonde-unplugged.jp/pianotaiken-miyosi.html
・保育士⇒ http://www.salonde-unplugged.jp/hoikusi.html


★ほか、月1回の演奏会あり♪
http://www.salonde-unplugged.jp/unplugged-cup.html

 

 

スポンサーリンク